遺族ケア

4.遺族ケア2.png

 悲しみからの回復のヒント 

 人間的で自然な反応です。

 悲しみは自殺に対する

自殺に伴う悲しみは、特に複雑なものです。罪悪感、羞恥心、怒り、後悔、非難の感情はよくあることですが、自殺により亡くなったことやその後の悲嘆の気持ちを公に話すことは簡単ではありません。死でさえ未だに受け入れがたいものなのに、同じ死でも他の死よりもさらに受け入れがたい死だからです。自殺に関連する差別・偏見のために死因について話すことが難しいと感じる人もいます。

 悲しみから

 どのように回復しますか?

あなたのことを話すあなたのことを心配し理解してくれそうな人に、あなたの悲嘆の話しをすると、多くのものが得られます。

自分の人生をこんなふうに混乱させたできごとの詳細を話すのを自分で聞いているうちに、ショックの影響がほんの少し消え、強い感情が少し弱められます。

あなたの体に癒しの油が傷に注がれ、さらによい変化をもたらすようです。

この変化は穏やかで自然なもので、離別した人は、とてつもなく心に傷を負わせたつらい体験に徐々に慣れていきます。

自分のことを繰り返し話すうちに、過去の故人との親しい関係が、新しい内的な関係へと変化していくでしょう。すなわち、目で見、聞き、触ることができた関係から、心で感じる関係へと変化します。

心から関心を持って聴いてくれる人がいれば、話すたびに、前よりもほんの少し細かく話せたり、異なった視点から話すことができたりします。

 

手放したり「さようなら」を言う必要はないのです。むしろ、故人との新しい形のつながりを学び、新しいつながりによって、変化した世界での新しい「自分」を形作ることができるようになるでしょう。

 悲しみから

 回復を助ける活動

回復するための手段として考えてもよいような簡単な事柄があるので、例を挙げておきます。

一人で過ごす、考える、思い出にふける、祈る、瞑想する、悼む

•あなたの考えや気持ちを理解して聞いてくれる信頼できる「他の人」と話してください。

 

•事態が手におえないときに会う友人の電話番号、相談窓口のリストを作成します。

 

•気晴らしを見つけるこで、痛みを忘れる時間を得ることができます。

 

•準備ができたら、情報を収集し、生活の充実について簡単な本を読んでください。

 

•体に無理のないように、マッサージ、温泉、早寝、早夜を利用し、短い散歩に出かけることによって新鮮な空気を!

•宝物、思い出箱、日記、写真アルバムを保管してください。

•庭、CDまたはDVD、フォトアルバムなど、愛する人のための特別な記念品を作成または作成します。

•健康的な食事、頻繁に少量の栄養価の高い、消化の良い食品を食べましょう。

•運動過剰なアドレナリンを消費するための運動。

•日常の仕事に優先順位を付け、最初はどうしても必要なことだけをする。

•留守番電話を使用して、誰と話すかを選択します。

•「お電話ありがとうございます。感謝します。可能な場合は折り返しご連絡いたします。」などのメッセージを録音します。

•話の内容を伝えたり、感情を表現したりする必要がある場合は、メモを書き留めるて下さい。

•特に睡眠が取れない場合は、日記をつけて考えや感情を記録してください。

•車の運転~集中して運転することに不安があるときに公共交通機関を使う、あるいは誰かに運転してもらう

•自然と一緒に過ごす時間を持ちましょう。

•写真と記念品を確認します。

•埋葬地やその他の特別な場所を訪れてください。

•亡くなった人の人生を尊重する方法を見つけて下さい。

参考:オーストラリア/

ニューサウスウェールズ州健康局

http://www.bereavementcare.com.au/articles/care_support_pack.htm

4.遺族ケア2.png

悲しみからの回復

4.遺族ケア1.png

​ご遺族へのサポート

2l¥.jpg

自殺のあと

トラウマ体験からの回復

4.遺族ケア4.png

​子供をサポートする