遺族ケア

 トラウマ体験からの回復  

自殺を悲しんでいる人の多くは、トラウマの影響も経験します。

トラウマとは、感情的に痛み、苦痛、ショックを伴う経験で、一時的または継続的な精神的、身体的な健康上の問題を引き起こすことがあります。

自殺した人を発見した場合や、友人や家族の自殺の詳細を聞いて影響を受けた場合、トラウマに関連する感情や感情を経験することがあります。

 

■ トラウマに対する反応

悲しみと同じように、人はトラウマにさまざまな方法で反応します。

心と体がトラウマにすぐに反応する場合と、何日、何週間、何ヶ月、場合によっては数年にわたって反応することもあります。

 

一般的な反応のいくつかを以下に示します。

誰もがこのような方法でトラウマに反応するわけではありませんが、あなたの行動や考え方の変化に気づくことは、トラウマの症状を特定するのに役立ちます。

 振る舞い   

・動悸、ふるえ、突然の発汗

・すぐに驚く

・呼吸困難

・頭痛や筋肉痛

・吐き気、便秘、下痢、食欲の変化などの消化器系の問題

・疲労倦怠感、落ち着きのなさ

・過敏

・アルコールの増加

・引きこもりや他人からの離脱、社会活動への興味の喪失

・孤立の増大

・自殺を思い出させる場所や状況の回避

・睡眠パターンの変化

 感情の動き  

これらの反応はつらいものですが、トラウマを克服する方法はいくつかあり、多くの場合、これらの感情は減少するか、時間とともによりうまく対処できるようになります。

•不安、パニック発作の増加

•トラウマ的なニュースまたは出来事にさらされたときに困っている、または悩んでいる

•他人についての不合理な心配

•見捨てられた、孤立した、または無力感

•自制心のなさを感じること

•しびれや気分のむら

•うつ病、悲しみ、罪悪感、非難、怒り、欲求不満の恐れ、イライラ感。

•死の繰り返しの考え/夢

•何が起こっているのかに夢中になり、「なぜ?」と絶えず尋ねる

•混乱している、または鈍い思考、記憶障害

•集中したり、意思決定するのが難しい

 トラウマへの対応の仕方   

トラウマ的な出来事を経験したことを認めることは、回復に役立ちます。

回復を支援するために、次のことをを試してみてください。

 一人になる時間を確保しましょう。孤独を感じたり、孤立したり、気分がよくならない場合は、友人や家族と時間を過ごしてみてください。

• 友人や家族と話したり、考えを書き留めたり、音楽を聴いたりして、自分の考えや感情を自然に表現してみましょう。

• 体と心を休ませましょう。眠れない、仕事ができない、何をしていてもうまくいかない、という場合は、何か心を落ち着かせるようなことをしてみてから、もう一度試してみてください。

• 健康的な食事、水分補給、新鮮な空気を吸うなど、できるだけ健康に気を配りましょう。

• アルコール、薬(処方箋)、覚醒の消費(カフェインを含む)に注意してください。これらは、すでにストレスがかかっているときに身体をさらに興奮させ、回復の過程を妨害し、後でさらに問題を引き起こす可能性があります。処方箋薬については医師、薬剤師に相談して下さい。

• 運動したり、散歩に出かけたりすることでストレスを燃焼させ、体を落ち着かせるのに役立ちます。

• 集中力を要する運転、調理、作業には注意してください。トラウマは集中力に影響を与える可能性があります。

• 普段の生活を再開し、仕事に復帰できると感じたときにのみ復帰してください。可能であれば、勤務時間を短縮することも検討する。

• 気分が良くなるまで、人生の大きな決断は控えましょう。日々の小さな決断をすることで、自分をコントロールする感覚を取り戻し、自信と思考力を向上させることができます。

トラウマを経験したときに、家族の友人の支えがあることが大切で、特に悲しみを伴うときは、その支えがあることが大切です。

次の場合は、専門家の助けを求めることを検討してください。

•あなたは非常に苦痛を感じているか、あなたの人生が大幅に混乱している

•あなた自身や他人を傷つけることを考えている場合。

悲しみからの回復

​ご遺族へのサポート

自殺のあと

トラウマ体験からの回復

​子供をサポートする

こころと命のサポートナビ。🄫2020 OA System

​【お問合せ】oas@key.ocn.ne.jp

参考文献/参考資料
サイトに記載以外のサイトを作成する上で参照しうる参考資料 コチラ